テラスハウス

テラスハウス東京2019 12話ネタバレ|すごく好き!ケニーの告白

Netflixで2019年8月13日配信の「TERRACE HOUSE TOKYO 2019−2020」12話のネタバレあらすじを紹介します。

 

⬇︎FODで過去のテラハをイッキ見⬇︎

 

TERRACE HOUSE TOKYO 2019−2020 12話のネタバレあらすじ

インスタグラムのフォロー問題

リビングで、健司と香織が流佳の初めてパスタを作ったときの話で盛り上がっている。香織の話によると、流佳は最近頑張ってるみたいだ。朝起きれないから夜の間にゴミを捨てたり、皿も洗ったりしているらしい。香織が健司に「春花とぎくしゃくしている?」と聞くと、健司は女子2人が心配だと話す。

健司は「俺は結構春花がふっかけてるようにしか見えないんだよね。」と言う。

香織が「何をみてふっかけてると思った?」と聞くと、どうやら、春花がインスタで莉咲子のフォローを外したかもしれないという。

莉咲子は外した覚えはないらしい。つまり、春花が自分で莉咲子のフォローを外したということになる。インスタグラムは春花が莉咲子をブロックしたら莉咲子のフォローも外れるという仕組みだそうだ。

健司は「莉咲子がウソをついているのか?」と笑いながら言う。しかし、もし本当の話だとすると、春花ってすごく怖いなと思ったと健司は語る。

香織は「多分男子と春花はそんな話してないじゃん。莉咲子ほどは。だからそう誤解されるところもすごい多いと思う正直。結構どっこいどっこいのはずなのに、やっぱり莉咲子のほうがみんな仲良いじゃん。友達としてもね。男子たちは。そうすると、春花もちょっとフィルターかかるんじゃないの?とは思う。」と言う。健司は「そうだね。」と答える。

 

場所が変わり、香織が春花にインスタで莉咲子をフォローをしないのは何か理由があるのかと言う話をする。

香織は「私もケンカした友達とかはさ、たまに、ミュートもできないし、フォロー外しちゃうみたいなこと全然あるから、ケンカしたときにふとやっちゃったことだったら全然ありえるし、何かあったのかなと思ってて。」と。

春花は「ううん。ない。分かんないけど、そう。そうね。気にするよね。みんなね。そういうのね。」と答える。香織は春花と2人でいることが多いので「私たち男子たちともっとフランクに話したほうがいいんだろうね。」と言うと、春花は春花はそもそも喋る気にならないと言う。

「お互いがお互いだと思うけど、ケニー君も私も一緒にしゃべってても、そんな何か、面白いネタがある話もしないし。」という春花。

それに対し、香織も「ケニーのあの、話はすごいわからない。いつまでもチルってるんじゃないぞ、と思ってる。」と笑う。

春花も「考え方がすごい違うなって最近思ってきちゃったから、外に出たら別に多分、あんまり関係持つ相手じゃないのかなとかって思っちゃったりするの。」と話す。

 

そんな春花に香織は「私が春花に自分のことを話せるかっていうとたまに話せないことも正直あるの。春花に話したいと思っても意見が違うと、それこそシャットアウトされちゃう気がして話せないこともある」と正直に伝える。

そんな春花と香織にとって、翔平は腹割って話せる存在だと言う。

2人とも翔平以外は真面目な話を返してくれず「全部チルに持って行かれる。」「でも気楽にいこうよ。で終わっちゃう」と感じていると言う。

春花の悩みと翔平のアドバイス

翔平と春花がダイニングで話し始める。

春花が「昨日香織ちゃんと話してね女子部屋で。久しぶりにすごい2人で話したの。相談になっちゃうんだけど、率直に言ったら多分春花はあんまりみんなとコミュニケーション取れてない?例えたら莉咲子ちゃんみたいにさ、みんなとプライベートな話をすっごいできるわけでもないし、何かしゃべりにくいかなみたいな。」と相談をする。

翔平は「なんだろうな。遠慮してるようには見えないけど、一歩引いてるようには見えるかな。その分それなんじゃない?相手も。例えば遠慮だったら相手もその分遠慮するし、一歩引いてたら相手もその分一歩引くし。」と答える。

春花は「その一歩の踏み出し方が分かんないんだよね。」と言う。

翔平は「一歩踏み出すって自分のこと言うだけじゃないからさ、一歩踏み出して相手に近づくわけだから、相手のことをもっと見るっていうか、知れる立ち位置にいくってことでしょ?まあ、人に興味を持てばいいんじゃん?なかったら、もし。」と言うと、

春花は「確かに本当に興味ない。気づいてたの。何となく。あんまりすごいすぐ仲良くなれるタイプでもないし、あの沖縄のおじさん、私がよく行くごはん屋さんがあるんだけど、そこの年齢層って60歳とか70代のおじさんばっかなの。車屋も結構みんな年上だし、そうすると私が頑張って話題作りとかしなくても中心に自分がいたから、ずっと話の話題にね。

だから何にも考えずにずっと人と話してたから自分で考えて話題を作ることができないんだなってすごい思っちゃった。それはちょっとは直したいと思う。それで生きていったら私が多分年取った時に誰もしゃべってくれなかったらどうしようって。」と悩みを吐露する。

 

さらに春花は「私が悪いんだけど、香織ちゃんには言えなかったんだけど、莉咲子ちゃんがインスタをブロックしたフォローしてない問題がね、すごい気にしてるんだって。聞いた?」と言うと、翔平は「いや、聞いてない。全然。」と答える。

春花は「莉咲子も気にしてるんじゃない?って言われて、その時、フォロー外したか分かんない、って言ったんだけど、ケンカしたあと多分ブロックしちゃったのね、間違えて。私は別にSNSだし、インスタでフォローしてるフォローしてないなんてどっちでもいいんだけど、どうしたらこのわだかまりが取れるのかなとかってすごい考えちゃう。」と言う。

翔平が「仲直りってこと?」と聞くと、春花は「仲直りっていうか、気にしてるって。」と言う。翔平は「それ言えばいいんじゃん?今みたいな話をこうこうこうだったんだよって、それ以外ない気がするけどな。」とアドバイスをする。

女子3人での話し合い

女子部屋で香織と莉咲子が話している。香織が莉咲子に「何か最近は大丈夫?女子部屋。大丈夫ってこともないけれど。」と聞くと、莉咲子は「大丈夫じゃないように見える?」と答える。

香織は「ううん、違う。あの一件があったから、私も春花も居づらくさせちゃってたかなってぼんやり思ってて。」と言うと、莉咲子は「全然。」と答える。そこへ、春花が帰ってくる。

春花が香織にコソコソ話をして、「インスタの件、言えばいい?」と言うと、香織は「どっちでも。コソコソここで言ってる時点で。」と話すように促す。春花は「ねえ、莉咲子ちゃん、インスタの件なんだけどさ、分かるでしょ?」と言うと、莉咲子は「うん。」とうなずく。

春花は「何かね、ケンカしたあとに本当は、香織ちゃんには言わなかったんだけど、正直、ケンカしたあとにインスタ開いたらすぐ出てきたから出てきてほしくないなと思ってオフにしたつもりだったの。そしたらブロックしちゃってて、すぐブロック外したんだけど。私、フォロー外れること知らなかったのね。だから何かちょっと、気まずい思いさせちゃったかなと思って、ごめんねって思った。」と、謝った。

 

莉咲子が、「ううん、何かね、私もね、もはやフォローを外したりとかも何にも考えてもないの。」と言うと、春花も「私も考えてなかった。」と言う。

莉咲子は「だから、それに対して、何で?とかも思ってるわけでもなく。」と言う。春花は「本当?インスタごときで話し合うことでもないよなと思いながらも。」と、ホッとした様子。香織も「でもなんか、自分ごとになったらちょっと気になるかな。とも、ちょっと思ってたから、よかった。」莉咲子は2人に対し、「ありがとう。みんな、ありがとう。」と言って、無事に解決した。

香織の流佳に対する気持ち

莉咲子が思い出したかのように、「香織先輩はさ、実際さ、流佳はどうなんだったっけ?」と聞くと、香織が「流佳?」と聞き返す。莉咲子は「なんか子供扱いされてるように感じてたのね。流佳だからオーケーみたいなのを感じてたから。」と言う。香織は「そうね、そうっすね。」と答える。

莉咲子は「そうだよね。それだとやっぱり男の人としてよりも弟みたいになるのが近いんじゃないみたいなこと言ったけど、伝わったか伝わってないかよく分かんない感じだったけど。」と、前回のプレイルームでの話をする。

香織が「なんか、この前ご飯作ってたじゃん、自分で初めて1人で。」と言うと、莉咲子は「そうなの?」と驚いた様子。香織は「うれしかったよね。」と言う。莉咲子が「何作ったの?」と聞くと、春花が「俺パスタ作るっす、って言ってパスタをゆでてるの。ゆでたパスタの中に卵をといてるの。で、ブロッコリーも一緒に入れてざるにあげて、味がないって言いながら食べてるんだけど。」と詳しく話すのを、莉咲子たちは笑いながら聞く。香織は、それを見ててすごいうれしかったらしい。

春花が「成長だよね。」と言うと、香織も「成長もそうだし、多分朝起きれないから、夜ゴミ捨てしてくれてたり、洗い物もいつの間にかやって、誰やってくれてたんだろう?って言ったら流佳だったりして、なんとなく前進してるし、自分で気づいてきてるし、すごいささいな生活のかいつまんだとこだけども見えるから、卵かけご飯の時よりはなんか、弟というよりは男の子になったとは思った。」と話す。

香織のバースデーサプライズ

流佳は香織の誕生日を祝うために、晩ごはんを3時から作ってたという。流佳が「意外と時間かかっちゃったよ。」というと、莉咲子は「えっ、でもステキだよ、それは。」と褒める。

流佳、莉咲子、健司、翔平の4人で待つダイニングには、ガーランドや風船などで飾り付けがされている。莉咲子が「緊張するね。」と言うと、流佳が「うん。」と答える。そこへ春花と香織がやってくる。流佳はダイニングに2人を案内する。香織は春花に目隠しをされたまま入ってくる。

目隠しを外した瞬間、あー!っと叫ぶ香織。それと同時に健司が演奏をしながら、みんなでハッピーバースデーの歌を歌いだす。香織は満面の笑みで「ありがとう!かわいい!」と言って花束を受け取る。流佳が「香織さん、誕生日おめでとうございます。」と言って、みんなが乾杯をする。

翔平が「今日ね、流佳がシェフだったんです。」と言うと、香織は「マジ?おおー!きれい。」と驚いた様子。流佳は嬉しそうに「頑張りました。」と答える。どうやら、パエリアが美味しいみたいだ。莉咲子は「めちゃくちゃおいしい。食べたことない。」と言う。香織が「よく売ってたね。ムール貝。」と言うと、健司が「ムール貝の売ってる街まで3人で行ってきたの。香織が貝が好きだっていうからね。」と説明する。

香織が「おいしい。フランスいる時バケツでムール貝出してくれるとこあって、安いからずっと食べてた。それくらい好き。ムール貝懐かしい。おいしい。ありがとうございました。ステキな29歳になりそうです。」というと、翔平は「よかった、よかった、よかった。」と答える。

香織が「片付けよっか。」と言うと、みんなから、「座っててください。」と言われる。香織に頼まれた漫画とともにダイニングに帰ってきた流佳の手には、なんと香織へのプレゼントがあった。

包装されたプレゼントの中身はUVスプレーと香水だった。「なんか、ちょっと赤外線…」という流佳に対し、健司が途中で「流佳、紫外線な。」と間違いを指摘すると、一同が笑いに包まれる。

 

健司は「ちょっと俺向こうでチルってるわ。」というと、春花もトイレへと席を外し、気づけばダイニングには流佳と香織の2人が残っていた。

流佳が「来月の展示は行きますね。」というと、香織は「ぜひ。あの、設営でもしあれだったら手伝ってください。」と答える。流佳が「あっ、そういうのもできるんですか?経験してみたい。」と言うと、香織は「力仕事になっちゃうけど。」と答える。流佳は「全然やる。」と言う。

「ありがとうございます。何か、オープニングがある。ずっとやってみたかった。レセプションがある。良ければ来てください。」と香織が付け加えて、流佳に招待状のようなものを渡す。それを嬉しそうに流佳が受け取る。

 

香織は「1年目から今まで描いたやつを今までで一番大きい規模だから全部飾る予定です。これ、流佳がいいねって言ってくれたやつ。」というと、流佳は「ねっ。初めて見た絵かもしれない。」と答える。テラスハウスで初めて描いた絵だそうだ。

香織はその個展がうまくいけば、ニューヨークかロンドンでアプライしてみようと思っていると話す。

すると、流佳は「俺が30になったら何してんだろうな?」と言うので、香織が「何してんだろうね。何してたい?」と聞くと、流佳は「お金持ちになってたいっす。」と答える。お金持ちになって東京でもいいけど、ニューヨークにもいたいと話す。そして2人は来月飲みに行く約束をする。

健司の今の気持ち

翔平のいるバルコニーに健司がやってくる。

健司が「この間さ、そういえばさ、翔平がアドバイスしてくれたさ、ホテルのディナーでも行けば?みたいな。」と話し始めると、翔平が「はい、ありましたね。変更したんですか?」と聞き返す。

健司は「変更した。逗子。サップって分かる?おっきいサーフボードみたいなやつで立ってこぐ。めっちゃ沖まで行ってサンセット見たいなみたいな。莉咲子も自然好きだって言ってたし、海好きだし、海行きたいってずっと言ってたから、どうっすかね?」と話すと、翔平は「いいんじゃないですか?いや、何か、好きなんっすか?そもそも。」と聞く。

健司は「うーんとね、迷ってたらダサいから言うけど、好きだね。」と答える。

翔平は「あれ?この前好きって言ってなかったっすもんね。」と言うと、健司は「この間は迷ってた、気になる、けど、最近また一緒に住む時間が長くなるにつれて節々かわいく見えてきたんだよね。いろんなとこも。替えのTシャツがないみたいな話してて、その時に俺、Tシャツプレゼントというか、貸すよって言って、2個持ってったんだけど、あっ、こっち。みたいな。選んだ理由が、ケニーさんとおそろいだから。色違いを知ってて、めっちゃかわいいじゃんって思って。」と話す。

翔平は「好きじゃん、莉咲子。何なのよ。いいっすね。海。」と笑いながら話す。

健司が「もう思いを伝えたほうがかいいかなと思ってる。」と言って、「海で?夕日見て?」と翔平が聞き返すのに対し、健司は「うん。」と答える。

翔平は「えっ。何を言うんっすか?言うって何っすか?そもそも。」と聞くと、健司は「告白しようかなと思う。」と言う。デートは週末行く予定だそうだ。

小嶋さんとの話

「お疲れ様です。何か手伝うことはありますか?」と、翔平が声をかけたのは、LOCO MART & GARDENの小嶋さんだった。

小嶋さんは「土と木を運んでもらおうかな。ちょっと教えてあげて。今ここはさ、フェンスができたらここに土入れて、今運んでもらった土入れて、植栽していくんだけど」と言うと、翔平は「いいっすね。かっこいいっすね。」と言う。

小嶋さんも「やっぱりいいよね?ウッドはね。」と答える。莉咲子がスタッフにお水をもってきて休憩をとる。小嶋さんが「まだ、誰も付き合ってるあれはないの?」と聞くと、2人とも「いないね。」と言う。

翔平が、莉咲子に対し、「ケニーさんとよく屋上で2人で話してるよね。」と言うと、莉咲子は「ケニーさんはめちゃくちゃカッコいいんですね。私から見て。でも、かわいさがないんですね。何か1人でピシって立っちゃってる感じで、支えがいがないというか、何かもうちょっと、俺もこうやって疲れたりすんだよね。とか言ってくれたら、深く感情が入るのに、俺は大丈夫。みたいな感じだと、すごいカッコいいんだけど、っていう感じ。ケニーさんは。」と言う。翔平は「難しいな。」とひとこと。

小嶋さんも「本当だね。」と言う。翔平は「カッコ良くてもだめなんだね。」と言う。小嶋さんは「この子に決めると、やっぱりこの子は何か足んないしなって思うし、やっぱこっちかなと思うと、ここ面と向かうと、やっぱここが足んねえんだよな、みたいになっちゃうもんね。だから、じっくり生活してるからさ、見えすぎちゃうんだろうね。」と言う。

2つのデートの予定と香織の思い

リビングで、莉咲子と健司は週末の予定について話している。「雨だったらどうするの?」と莉咲子が聞くと、健司は雨の場合を考えていなかった様子。どうやら天気予報は雨のようだ。健司は「ちょっと考えとくわ。」と答える。健司が「何かどっか逆に行きたいとこある?」と聞くと、莉咲子は「どこでも行きたいよ。」と答える。

その横で、流佳は香織とデートの日にちを相談する。

莉咲子にどこいくのと聞かれた流佳は「ごはん、三茶行きたいんだよな。」と話すと、香織は「三茶?じゃあ、三茶行こう。」と答える。

 

香織は残ったお酒を持って、「最後だけ屋上で飲まない?」と言うと、莉咲子を誘う。2人は屋上へ。香織は「全然たいしたことないんだけど、なんだろう。流佳と飲みに行きましょうってなってたんだけど、何か、何しゃべるんだろうって。」と切り出す。

莉咲子が笑い合いながら「確かにね。」と答える。香織は翔平とは結構話すこといっぱいあるし、相談したいこといっぱいあるし、何か機会がないかなとはたまに思うけど、流佳とは2人でいてもしゃべることがないと言う。

莉咲子が「無理してというか、香織ちゃんが気にしてあげて、向こうがさ、楽しかったって思ってもさ、流佳のためにもならない気もしちゃってる。香織ちゃんが流佳に合わせてあげてるけど、流佳はふつうに楽しかったと思って、また同じことを繰り返して行く気もするし、ほっといたらいいんじゃん?」と言うと、香織も「わかった。ほっとく。」と納得した様子。

莉咲子は「翔平くんと話したいって言ってたっけ?」と聞くと、香織は「うん。しゃべりたい。結構考え方が好きだなと。話したいんだけど、あんな感じだから、何か、元気でめっちゃ話してくれる時と、今日は話しませんモードの時があるから。」と言う。

莉咲子は「最初のころに言ってたさ、翔平くんがちょっと気になるかもみたいに言ってたじゃん。その時から気持ちは変わった?」と聞くと、香織は「今もいいなって思うことはたくさんあるけど、育んでいる。気持ちを。」と答える。

さらに莉咲子は「自分と合うところがたくさんあるってこと?」と聞くと、香織は「そう。えっ。なんか合うっていうのは、私、おこがましいですって感じるくらい、彼にはすごい憧れる。」と話す。

プールと黄色いスイカ

健司がリビングでギターを弾いてるところに莉咲子がやってくる。

莉咲子の骨盤のけがを健司が心配しているところに春花も女子部屋から降りてくる。そこへ、莉咲子がキッチンから持ってきたのは、頂き物の黄色いスイカだった。顔よりもかなり大きなスイカで、それを夜に食べようという話をする。莉咲子は気分が乗ったのか、「今からプールで食べる?」と健司を誘い、先に2人で食べることに。

健司が持つスイカを莉咲子が包丁で切る。食べる時、莉咲子が「髪の毛邪魔だなと思って。」と言うと、健司が小指で莉咲子の髪を耳にかける。

健司は「昨日さ、実は、莉咲子に見せたい夕日を探しに、海から見える夕日のスポットを探しに行ってたんだよね。俺、あんまり言葉うまく言えないから、きれいな景色見てホッてなって、だから日曜誘ったんだけど、日曜、どうやら台風来ちゃって無理らしい。ごめんね。」と言うと、莉咲子は「全然。また行けばいい。ていうか行きたい。」と話す。

健司は「うん、絶対連れてく。約束する。」と言う。莉咲子は「気持ちはもうスーパーうれしいけど、見に行ってくれたのは、その時間遊んでって思う。完璧なデートっていうのかな。完璧なお出かけじゃなくても全然楽しいし、夕日見に行こうっつって、めちゃくちゃ大雨やん。とかも楽しいし。多分ビッチョビチョになって。」と話す。

健司は「それは俺も考えた。それもありだなみたいな。」と言う。莉咲子は「なんだって楽しいよ。だから、完璧なデートのためにあんまり会えないよりはたくさん会いたいって思う。」と言うと、健司は「俺も。」と言う。

莉咲子が「帰ってくる場所にいてほしい人。なんて言うの?わかる?わかんないね。だから、たくさん会いたいよって、3日前ぐらいから言おうとして、やっと今言った。」と話す。

健司は「全然、2人の時間もなかったしね。日曜は厳しそうだから、ラフにどっか行く?」と、莉咲子をまた誘う。

健司は「じゃあさ、夕日をプレゼントしてあげられなかった代わりに、歌プレゼントしてあげよっか?」と言うと、莉咲子は「最高!何それ?それ何?いつ?」と答える。健司は「何か、今の気持ち。」と話し、ギターを取りに行く。

健司からの歌のプレゼント

健司が「翔平と俺が大好きな曲。」と言うと、莉咲子は「え、何それ?」と言う。

座ってた場所が少し離れてたのか、「そんなに遠くに行かないでよ?」という健司に、莉咲子も照れた様子。

Oh baby 今夜のキスで
一生分のこと 変えてしまいたいよ
ここは楽園じゃない だけど
描ける限りの 夢の中
Tight rope dancing Baby 今夜だけ
辿り着きたい ピエロ
Tight rope dancing Baby 今夜だけ
生き延びたい ピエロ

 

莉咲子が「ステキ。ステキです。」と言うと、健司は「恥ずかしいね。」と答える。

莉咲子から流佳へのアドバイス

ダイニングで莉咲子、健司、翔平、流佳がご飯を食べている。

莉咲子は流佳に「香織ちゃんといる時っていつも何しゃべってんの?」と聞くと、流佳は「いろいろだよ。アニメとか漫画とか。最近アニメの話が多いけど。」と言う。

莉咲子は「あっ、そっか。香織ちゃん、人の話聞くのが好きって言ってたね。自分の話するのも好きだけど。」と言うと、流佳は「あんましゃべってないかも。自分のこと。」と言う。莉咲子は「しゃべれたらいいね。流佳の好きなものいっぱい教えてあげたら嬉しそうな気がする。」とアドバイスする。

健司の告白

健司は莉咲子をプレイルームに誘う。先にお手洗いに行ってから行くと莉咲子は一旦席を外す。翔平が「プレイルームでチューするんっすか?」と言うと、健司は「人がキスする時ってどんなタイミングなんだろうね。」と言う。

翔平は「いやいや、今さら?」と笑う。健司は「フィーリングか。」と答える。

流佳も「タイミング、適当じゃないですか?」と言う。プレイルームに向かう健司を翔平がちゃかす。

プレイルームでは莉咲子が待っていた。

健司が「なんか今朝さ、スイカ食ってた時さ、俺がいて落ち着くから帰ってきたくなるって言ってくれたじゃん。それは俺も本当にあって。俺は莉咲子がいるから帰ってきたいと思ってる。結構、1秒でも早く。」と話し始める。

莉咲子は照れながらうなずく。

「なんか、莉咲子と一緒にいたいと思ってる。」と目を合わせる健司に対し、「あんまりこっち見ないで。」とさらに照れる莉咲子。

健司は「シンプルに言うと、前は莉咲子のこと気になるって言ってたけど、今はかなり好き。困らせたね。」と言う。

莉咲子は「困らせてない。とってもうれしい。けど、あんまりうまく反応ができない。」と答える。健司は「朝、そう言ってくれて俺的にはすごくうれしくて、気になるとかじゃなくなっちゃったかも。とても魅力的に思ってる。」と話す。

莉咲子は「ありがとう。」と言って、一瞬笑顔で健司の方を向くが、おでこに手をあてて、「うーん。」とつぶやく。

ここで、12話が終わる。

 

テラスハウス東京2019 ケニーが莉咲子に歌った曲名は?【12話】テラスハウス東京2019の12話で、海に行く約束をしていたのに台風で中止になってしまったため、かわりに歌をプレゼントするとウクレレを片手に歌ったラブソングは、七尾旅人さんの名曲「サーカスナイト」でした。...

テラスハウス東京2019 12話の感想

毎週欠かさずテラスハウスの配信を見ている、テラハファン読者による12話の感想と独自の考察をお届けします。

マイちゃん
マイちゃん
インスタ問題は女子あるあるですね。ケニーの告白への莉咲子の答えが気になります。

12話ではインスタグラムの件で、春花と莉咲子のケンカが再発しそうだと思っていましたが、話し合いでどうにか解決したのにはホッとしました。フォローを外す外さないという問題は、現代社会においてはよくあることですよね。

香織が最近の流佳の姿を見て、嬉しく思っていることに関してはすごくホッコリしました。しかし、香織に流佳が話す「30歳のときの自分についての話」にはまだ地に足が着いていないというか、理想だけで会話が成り立っていると感じました。香織もそこが物足りないと思っているのかもしれませんね。

今回の1番の見どころは、健司の気持ちです。どうやら、莉咲子に対する想いが、気になるのではなく、好きだと明確になったので、前回まではあまりなかったような、いろんなアプローチをしていく健司を見ることができました。

これに対して、照れる姿を見せながらも、最後の告白のシーンで、言葉に詰まる莉咲子の気持ちはどうなのだろうと気になるところで終わってしまいました。次回はこの莉咲子の返事が1番気になりますね。

メイちゃん
メイちゃん
ケニーの急展開の告白!歌で口説くなんてズルイ!
でもいいシーンでした。

11話では、ついにケニーさんが抑えきれない、莉咲子への想いを伝えました!
あのルックスと声で気持ちを歌に乗せてプレゼントされたら、もうメロメロになってしまいそうですね!

はっきりとしない態度が長かったので、11話でのケニーさんの行動が急速にグイグイ責めているようで男らしく、いいじゃん!と思いました。一緒に住んでいるのに「早く逢いたい」というとっても可愛い莉咲子。12話でどんな結果を出すのか、待ち遠しいです。

莉咲子のインスタをブロックした春香は、そのことでどうしたらいいのか?と翔平に相談します。「そのまま言えばいい」という翔平のアドバイスに、春香は莉咲子に「知らなくてブロックになっちゃった」と謝ります。喧嘩の後にムカついて絶対ブロックしてると思いますが、莉咲子が話題を変えて場を切り替えたので、ホッとしました。

自分が話題を作らなくてもいつも中心にいたという春香は、相手の気持ちを考えた話題作りをできるようになりたい、と翔平に漏らします。春香がそこを変えられるのかもこれから楽しみです。

流佳は、ゴミ出しをしたり、積極的に料理をしたりと自分なりに頑張っているので、香織から「弟から男の子」になったと言われていましたね。ニューヨークに行きたいならさっさと行ってしまえばいいのに、と思ってしまいましたが、優しいテラハのメンバーに支えられながら、どの方向に向いて行くのかを期待しています。

仕事をバリバリこなす香織が莉咲子に、「翔平を尊敬する」と言ったのは驚きでした。翔平は春香が気になるし、春香も唯一翔平だけが話しやすいようなので、香織を含めた3人の関係性がどうなるのかがこれからポイントになるのかな、と思いました。

テラスハウス東京2019 12話のSNSの反応をチェック!

テラスハウス東京2019 12話の注目ポイント!


表面上は仲良くしているように見えた莉咲子と春花ですが、また一悶着ありそうな感じですね。

あれだけ価値観が正反対の人間同士が分かり合えるということは不可能なのでしょうか?

しかも恋愛が絡んでいるのでなおさら相手を思いやったり理解することがむづかしいのかもしれませんね。

どっちつかずのケニーが、何やらインスタグラムで莉咲子と春花がインスタをフォローを外しているっていうのをネットの掲示板で発見してしまったようですので、今度こそはっきりとした意思表示と行動に出て男をあげてほしいです。

そして、香織と一緒に画材を買いに行った流佳ですが、香織の中では完全に男性として見ていないようでした。香織はどうやら翔平のことが気になっているようなのですが、翔平の矢印はおそらく春花に向いているので、なかなかうまくいきそうにないですね。

 

最後に、今週も流佳の衝撃の料理シーンが見られるのでしょうか?

翔平に教えてもらうか、ぜめてククパッドでレシピ確認してから作ってくれることを願います、、、。

自立心旺盛で芯がしっかりしている女子に押され気味の男子メンバー!

今週こそは積極的に動いてくれることを期待したいと思います。

 

過去のテラスハウスの動画を無料視聴!

テラスNetflixからテラスハウスを見始めた方も、過去にフジテレビで放送されたすべてのシーズンの動画の視聴は、FODプレミアムがおすすめです。

 

FODプレミアム

FODプレミアムの公式サイトはこちら

 

フジテレビのFODプレミアムでは、以下のシーズンを配信中です!

  • TERRACE HOUSE【Season1〜4】(2012年10月12日〜2013年9月27日)
  • TERRACE HOUSE【Season5〜8】(2013年10月14日〜2014年9月29日)
  • 【東京編】BOYS & GIRLS IN THE CITY(2015年9月2日配信スタート/全64話)
  • 【ハワイ編】ALOHA STATE(2016年11月11日配信スタート/全36話)
  • 【軽井沢編】OPENING NEW DOORS(2018年1月16日配信スタート/全話49話)

Netflixでは見ることができない過去のシーズンも配信されているので、ぜひチェックしてみてください!

FODプレムアムは1ヶ月の無料お試し期間があり、その期間内であれば見放題対象の作品ならどれだけ動画を見ても無料です。

お試し期間で解約すれば一切お金がかからないので、ぜひ一度体験してみてください。

 

⬇︎⬇︎⬇︎ 公式サイトはこちらから ⬇︎⬇︎⬇︎