テラスハウス

テラスハウス東京2019 32話ネタバレ|別れのキスと始まりのハグ、凌と愛華が卒業!

Netflixで2020年2月3日配信の「TERRACE HOUSE TOKYO 2019−2020」32話のネタバレあらすじを紹介します。

前回31話のふりかえり

前回の31話では愛華がビビと花に凌の思いについて聞かれたシーンから始まりました。

愛華は凌を擁護するような発言をしつつも、二人とも凌の口から直接気持ちを聞いたほうがいいと勧めます。

すると花は「じゃあ、告白してフラれればいいのかな?」とネガティブな発言。花もいい加減、凌が自分へ気持ちはないのだと確信していました。

一方でビビは「絶対自分からはしない」と告白することを拒否していました。

しかし、結果がどうであれやっぱりちゃんと気持ちを伝えたほうがいいと愛華。

花は「全部辛い」と今の現状が全て辛いと発言していました。

快はスタンドアップコメディを披露してからメンバーと顔を合わせていなっかたようでした。

「昨日男子部屋で寝てるの久々に見た」とトパス。快はプレイルームを自分の部屋かのように使用していました。

ビビはそんな快に不満を抱いていました。

「快は自分の時間が好きで自分の時間が欲しいって言ってるけど、テラスハウスでわざわざ…」

「快君何してるんだろうね?呼んでこようかな」と花は快をリビングに呼ぶためにプレイルームへ行きました。

プレイルームで快は寝ていまいした。あまり体調がよくなかったみたいです。翌日に快と花が行くはずだったアクティブデートも延期に。

花と快が話しをしていると「自分の時間を最優先にしちゃうときがあるから」快はやはり一人の時間が欲しかったようでした。

「みんなもっと快くんのこと知ってほしいわ」と花が擁護するように話し、体調が悪い快に花がメンバーに作ったスープを飲んでほしいとリビングへ連れ出します。

快はスープを飲みながら熱を測ると38度ありました。それを見た花はいつでもなんでも言ってね」と優しい言葉を投げかけていました。

そんなこんなで体調もよくなった快がプールサイドで仕事をしていました。

「焼き芋たべる?」ビビがやってきます。

「スタンドアップコメディの練習って毎日するの?」ビビは快に質問を投げかけながら自分の思ってることを伝えます。

スタンドアップコメディの仕事についての話、快が今何に悩んでいるのか。

快は「なんで生きてるのかなって…」と発言するとビビは「それ本当に思ってるの?」食い気味で聞きます。

そもそもなぜテラスハウスに入ってきたのか快に改めさせていまいした。

快は返答に答え頷きもしていましたが、どこか納得のいかないような表情をしていました。

凌が花とビビに自分の気持ちを伝える時がやってきました。

花と凌が二人きりになったダイニングで花は聞きます。「最近気になる人いる?」

それに対し凌は「いないかな…」と答えます。

愛華に以前何を聞かれたのか花が凌に質問すると凌は「花ちゃんとビビちゃんのことどう思ってるのか聞かれた(笑)」と話します。

「なんて答えたのか話して」と花に言われると凌は「正直に言うと特別な感情は女の子として今持ってない」と忖度なしで答えました。

しかし花を傷つけないようにと、とても慎重に言葉を選んでいる様子でした。

ビビがダイニングにくると花は空気を読み凌とビビ二人きりにさせてあげました。

「昨日すごいロマンチッくな映画見た」とビビ。

「なんか映画見て寝たい」と凌が言元気の無さそうに話します。二人はリビングで映画を見ることに。

「なんか凌に話したかったんだよね」ビビが言うと凌は何の話なのかすぐに察し「(笑)映画やめてその話にしよう」

と二人はお互いの恋愛について話し始めました。

ビビが凌に矢印を向けてることに気づいているはずだからそのことについて聞きたいと凌に問いかけます。

凌が口を開き始めると”ビビのことは可愛いと思うし価値観も合うし話も合う。けど、ビビのハリウッドに行きたいという夢の事を考えると付き合うのは現実的じゃない。”と答えました。

ビビはその答えに納得がいかなかったようで、”好きだから日本に残ってほしいというレベルの気持ちはないのか”と聞くと凌は「レベルとかの問題ではなく俺は残ってなんか言えない。ビビちゃんに今興味がないとか好きじゃないってことではない。」と話します。

凌はビビに近づきたい気持ちはあるが遠距離をするつもりはないと付き合うことはできないという選択肢に変わりはありませんでした。

ビビも曲げません。「叶えたい夢よりも価値があるのものに出会えたらそれはそれで行動して、諦めるとかの問題ではない」と言います。

”凌は全部頭の中で決めつけてる”と最後まで二人の意見は一致しませんでした。

付き合えるチャンスはあるのか最終的にビビが凌に聞くと今は答えられないと言われ、後日二人の関係についてまた話すことになりました。

そんな凌に対して不信感を抱き始めた女子メンバー3人。

ビビが凌と話した”両思いなんだけど付き合えない”ことを言われたと話すと花は、”凌は女子メンバーたちに特別な感情は抱いていないと言ってた”とビビに報告します。

するとビビはの表情は強張りここから凌に対しての愚痴大会が始まりました。

「どっちでもいいキャラでいようとしてる人はマジでやだ。もう自分の気持ちに素直になってそういう風に動いて欲しい。もう今、超腹立つ!」とご立腹です。

「彼は本当は何をしにテラスハウスに来たのかがわからない」と花。

愛華も「いい人でいたいみたいなのがありそうな気がする。私は勝手に売名行為だと思ってるよ。凌くんの答えってより、バスケットボール選手の田渡凌としての答えが返ってくるじゃん?」

ビビもも止まらず「本当に自分を守りたいっていう感情で動いてるのであればちょっと引く。私が尊敬しているようなところじゃない。」

最後の最後で凌への不信感が止まらなくなり、あんなに好きだった凌への愚痴までこぼした女子メンバー3人。

32話では凌VS女子メンバーが見れるかもしれないですね。

それでは32話のネタバレあらすじをご紹介します。

 

 

⬇︎FODで過去のテラハをイッキ見⬇︎

 

TERRACE HOUSE TOKYO 2019−2020 32話のネタバレあらすじ

卒業を伝える凌

32話では凌が以前からみんなを誘っていたBBQをするシーンから始まりました。

乾杯をし、食べたり飲んだり話したり。この時間を楽しむメンバーたち。

ビビ「トパスこれなくて寂しいね」トパスは仕事で参加できなかったみたいでした。

凌「今週試合いつ?」

花「新木場で23、24」

メンバーは花の試合を見に行くことになりました。

愛華「凌くんは?」

凌「行けたら行く」

花「出た、凌さんの行けたら行く」

この時の凌の表情は、なにかいいたげな顔をしていました。

食べたり飲んだりが続く中凌が、「俺の今回のオフでの一番の思い出かもしれない」

ビビはすぐに凌の言葉に反応していました。

みんなで集合写真を撮った後、凌が口を開きます。

「俺テラスハウス卒業する」

ビビ「思った。だから今日のBBQ誘ったんだろうなって」

凌の卒業する理由は、やはりバスケが自分にとって一番でチームの監督にも”そろそろテラスハウスを出てほしい”と言われ、この1週間が試合も練習もないタイミングだったために今だったかな、と説明する凌。

テラスハウスで刺激をもらえて成長できたらと思って入居し、周りにも注目されるようになってもっとがんばろうと思える環境にいれてよかった、と話す凌。

「前のメンバーもトパスもそうだけど本当にありがとう」

凌は感謝の気持ちを述べたのでした。

愛華も泣きながら凌が居なくなることについて寂しいと話します。

ビビ「トイレ行ってくる」

花「大丈夫?声かけに行かなくて」

凌「トイレに行ったと信じてる」

ビビはトイレに行ったのではなく、一人隅で泣いていたのでした。

花と凌が二人で話すことになり、これまでの花の気持ちを改めて報告していました。

凌に一目ぼれしたことやぎこちなくなってしまってたのも、凌が好きだったからと最後に自分の口から言えた花は、とても成長していたのでした。

「2か月間好きでした」

改めて言われた凌は「いつ、俺がどう思ってんのかっていうのを伝えんのがいいのこなって考えてたし」

凌もこれまで自分が思っていたことを伝えます。

今まで花がアプローチしてくれたのはすごい勇気だと思うし感謝もしていたが、花のことは女性として見れなかったんだと正直に伝えます。

「前の自分より成長できたかな…もしまた次好きな人ができたらもっと普通にできる気がする」

自分の思いを凌に正直に伝えられるようになったのは成長している証でした。

「これ今俺から言われてなんだよこいつって思うかもしれないけど、花ちゃんがプロレスラーだから女性として見れなかったっていうわけじゃないから、そこはわかってほしい」と凌。

花は以前付き合っていた恋人に、「プロレスラーだから」という理由でフラれたことがあったみたいでした。

花はきれいだし、花の明るさは花にしか出せないからありのままを好きになってくれる人を見つけてね、と励ます凌でした。

「俺が言うのもなんだこいつってなるかもだけど、また卒業した後も仲良くしてね」

二人は最後に握手を交わし笑顔で終始話すことができ、”友情”としての時間が流れました。

帰宅したメンバーはダイニングに集まっていました。

花「楽しかったね」

ビビ「ある瞬間まで楽しかった」

ビビは凌の卒業が相当ショックなようでした。

花は凌に思い残したことはないか聞くと凌「うーんなんだろう」と悩んでいました。

するとビビが「ちょっと話していいですか?」と凌とプレイルームで話をすることに。

お別れのキスを交わす凌とビビ

「なんか卒業する前に話すよとか言ってたじゃん?いつ?それは」

凌が告白の返事をいつするのか待ってたと話すビビ。

凌「みんなに卒業するって伝えてから話そうと思って」

続けて自分の気持ちをビビに伝えます。

「俺はやっぱりビビちゃんがアメリカに行くって言ってたのがすごい頭に残ってたし…だから恋人とかイメージできなかった」

ビビ「試す気もなかったってことだよね?」

その話をされてから数日しか経ってないし、その頃はもう卒業することを決めていたためそんなことは言えないと伝える凌。

ビビ「うん…そうね…しょうがない」

凌「一生こんなきれいな子に会えなくて後悔するかもしれないけど、俺が伝えたのが俺の本音」

ビビ「じゃあバイバイってことだよね?」

でもビビといた時間は楽しかったと話す凌。

ビビは凌に近づき、凌はびっくりした表情を浮かべます。

「殴られるのかと思った(笑)」

ビビ「1時間前ぐらいはちょっと殴りたかったけど(笑)お風呂入ったら落ち着いた(笑)」

ビビがイヤホンを凌に差し出します。

「これはね…一番最初に一緒に聴いた曲。一緒に聴きたい最後にも」

手をつなぐ二人。ビビからキスをします。最初で最後のキスです。

頭をくっつけながらしばらく沈黙の二人。

ビビ「頑張って…夢」

凌「頑張るよ。…頑張って」

凌「寝る?」

ビビ「そろそろね…多分」

ハグを交わす二人。

ビビ「ここでこうやって寝る(笑)」

凌「ここで寝るの?!」

凌に抱き枕をされながらプレイルームで寝ようとするビビ。

ビビ「あなたは私が日本に残る理由なのかなとちょっと思ってたけど」

凌は「俺はそれがよくないと思ってた」

ビビの凌への思いは止まらず話し続けます。

凌「寝ないじゃん全然(笑)」

ビビ「もう大嫌い、大嫌い、大嫌い!」

一生懸命自分に言い聞かせるビビでした。

横浜ビー・コルセアーズのキャプテンとしての凌

二人がプレイルームで話している間花と愛華と快が凌について話します。

愛華「凌君はテラスハウスに居る限り横浜ビー・コルセアーズのキャプテンとしての凌君になるよ思うまだこれは」

花への断り方にまだ不信感を持っていた花と愛華。

花「自分の気持ちに正直に答えてほしかったの」

すると快が「そんな違うかな?そんなすごい言ってることは言い方は違うかもだけど元の気持ちはそんなブレてる気は俺はしないかな」と凌をかばいます。

でも愛華は凌が自分の最低限の事はしてるけども、みんなのために何かしたことはあまりないよねと愚痴が止まらない状態。

「逆に私は何もしてない子みたいになったからそれがずるいなって思った」

愛華は、自分のテレビ的な映り方がよくないところばかり切り取られ、凌は逆にいい部分しか放送されないことに不満を持っていたため、ここまで愚痴がこぼれてしまうのでした。

凌とお別れの朝。ビビは仕事でいなかったようです。

凌「行こうかな」

快「まじで行っちゃうの?」

凌「行くよー、練習行かなきゃだし。毎朝一緒だけど。…みんな元気でね」

それぞれの感謝を伝えハグをしあうメンバーと凌。

凌「じゃあね」

快「寂しいな…めっちゃいい人だった」

その快の言葉に愛華と花は反応もせずにモヤついた表情を浮かべていたのでした。

快の魅力に気づく花

花のプロレスの試合を見に行くメンバーたち。花のすごさに圧倒されていました。

試合後に快と花がご飯を食べに行きました。

快「お疲れー」

花「お疲れー大丈夫?ケガとかしなかった?怖い人に見えてない?(笑)」

快「大丈夫(笑)めっちゃかっこよかった!」

プロレスラーとしての花を褒める快に花は喜んでいる様子。

もんじゃ焼きを食べながら楽しそうな二人。

「快君この間好きなタイプは”正直にな人がいい”って、素直な人がいいって言ってたけどそれが一番いいって最近わかる」

快「凌でそれ思った?」というと二人は笑います。

凌は色々考えて話してるつもりだけど、”花はストレートに会話できるのが好き”と話す花。

「快君めっちゃ話しやすい」

これまで花は凌について色々相談を快にしていたため感謝の気持ちと、それ故凌が反しやすいと伝えます。

「告白する前にフラれちゃったけど告白はできました(笑)」

快「次だね」

花「トランポリン早く行きたいね」

快「トランポリン行きたいよね。マジで行きたい」

以前約束していたトランポリンデートが快の体調不良で延期になってしまったため予定を入れる花と快。二人はデートをとても楽しみにしている様子でした。

自分の放送を見てボロボロになる愛華

プレイルームで以前のテラスハウスの放送を見る花と愛華とトパス。

花と愛華が凌を巡る喧嘩をしていた時の放送でした。

花が以前のメンバー春花に愛華の事を相談するシーンや伝説のザギンでシースー事件のシーンが終わり、場面はスタジオメンバーの感想へ。

テレビに映る自分の態度や愛華への愚痴が止まらないスタジオメンバーを、愛華は見ていられずプレイルームを出ていってしまいます。

花はトパスに追いかけなくていいのか聞きます。

トパス「なんて声かけたらいいかわかんないよ」

愛華は別部屋で泣きながら友人に電話をします。

愛華「なんだかんだ話せば今まですっきりしてたけどここまでは初めてかもしんない…出るべきじゃなかったかもこの家」

プレイルームで愛華について話すトパスと花。

トパス「愛華は見た目通りの子じゃないの。さっきの放送でさ、花が愛華は人の事考えてないんじゃないかなって言ってたけど、逆で考えすぎてて…しかもあの子不器用だし、それがうまく伝わらないだけで人一倍すごく考えてるんだけど」

それに対し花は「まぁそれは…あなたより私の方があの子より長く暮らしてるから私が一番わかってるけどね」と少々キレ気味で話します。

「そんなかばいたいなら…行ってあげたら?」

と言われ、トパスは愛華の元に。

愛華はリビングで友人と電話をしていて傷心は癒えないようでかなり号泣していました。

ティッシュを差し出すトパス。「話せる状態?」

愛華は自分がこのテラスハウスでの行動や態度がこんな風にしているんだとテレビを通して知り、余計に傷ついている様子でした。

トパス「でもあの放送回を見て、マジで俺は何も思わなかった。だから周りにいる俺たちがさ愛華の事を愛華の魅力をわかってればいいんじゃないの?…って思うけどね」

愛華「だったらそれでいいやって思える気持ちが欲しい…だから弱いし…」

トパス「だから弱虫だよ愛華は。でも…そういうとこが俺は好きだけどね」

愛華「でもテラハに出る人間じゃなかったかなって思う…覚悟足りなかったかなって思って」

トパス「俺はそういう人間らしいとこが好きだけどね」

愛華「でも、トパス君いなかったら絶対今よりしんどいと思う…ありがとう」

放送回を一緒に見て絶対に嫌われると思ったと愛華が自分の気持ちをトパスに伝えます。

トパス「そんぐらいで嫌いになるような気持ちじゃないですよ」

トパスは愛華との会話のやり取りで”好き”や”そんな中途半端な気持ちじゃない”と伝えていましたが愛華はそのことに触れずでした。

愛華「3時半だもう…寝よっか。ありがとう」

トパス「ハグする?ストレス減るよ」

トパスは愛華を優しく包みこむのでした。

 

翌朝、ダイニングにトパスが居ます。

愛華が部屋から降りてきて一緒に座ります。

愛華「遅くまで一緒に居てくれてありがとう。あの放送回を見て、客観視したらめちゃめちゃ嫌な人間だと思ったし、何も思わなかったみたいに言ってくれてたけど絶対そういうところがあったから昨日はすごく反省した。悪いところをこんなにもなんか…」

愛華は自身を客観視できて悪いところも見れて逆によかったとトパスに話します。

トパスの愛華の色々な面が好きだと言ってくれてすごい優しさを感じてると愛華は言います。

「もっと一緒に居たいけど…卒業しようかなと思って」

トパスはとても驚いていました。

愛華自身はもっと前から卒業のことを考えてた事をトパスに伝えます。

トパス「まだ一緒に居たいし…好きなのね?多分。いや、多分じゃない」

愛華「私も好きだなって思ってる…もう一回お出かけしよう卒業する前に」

トパス「絶対行く。俺もちゃんと言葉にするから改めて。」

 

 

ここで32話は終了です。次週は愛華が本当に卒業してしまうのでしょうか…

せっかくトパスと両思いになれたのに残念ですね…

次週はお休みになりますので再来週にまたお会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました♡

 

 

テラスハウス東京2019 32話の感想

毎週欠かさずテラスハウスの配信を見ている、テラハマニアによる29話の感想と考察をお届けします。

テラハファン
テラハファン
今回は色々思うことがありましたね…愛華に売名行為だと言われる凌、しかし愛華の方が視聴者に叩かれている状態。そんな愛華を支えたいとトパス。お互いの魅力に気づく花と快。なんか一気に凝縮された感じで疲れました…(笑)愛華は自身の行動に気づけて逆に良かったと筆者も思います。筆者含め視聴者のみなさんもテラスハウスに出演したら自分ってこんなに嫌な奴だったんだと思うかもしれないし、そんな気なく人を傷つけてるかもしれないですし。。そんなに叩かなくてもいいんじゃないかと思います。性格や言動を客観視できる人はなかなかいませんからね。。SNSも使い方を間違えてしまうと人の事を何百倍も傷つけてるかもしれないですね…色々考えさせられました、、筆者も気をつけます!

【配信前に】テラスハウス東京2019 32話の注目ポイント

 

31話では、女子メンバーがいい人を演じる凌への不満を爆発させましたね!
愛華は「売名」との鋭い一言を発しました。
結果を求められた凌は、花に「ビビにも花にも気持ちはない」とハッキリ言いましたが、ビビには「両思い」と捉えさせるような言い方をしました。
女子メンバーたちは、それぞれの凌への不満をぶつけ合い、これまでの凌のイメージがすっかりと覆されたようです。

32話の予告では、何と花に新しい恋の予感が!
快と食事に行き、「話しやすい人が好き、快君は話しやすい」と素直に積極的に思いを伝えていました。快も満更ではなさそうでしたし、花といると自然と笑顔になっているようなので、これはもしかしたら!?いい感じになるかもしれませんね!

愛華は、テラスハウスに出演したことで自分に向けられる非難の声に耐えられないようでした。表舞台で活躍する花や凌、卒業した春香からは「気にならなくなる」とアドバイスをもらっていましたが、元々自分自身にコンプレックスを持っていて自信がないので、心が持たないようです。
そこでトパスが、そんな愛華を抱きしめて慰めるシーンがありました。弱っているところに自分を大切にしてくれる人が現れたら、愛華はもう頼り切ってしまいそうですね。
この流れで二人もグッと近づきそうですね!

そして前回ビビへの答えを持ち越した凌。プレイルームでビビから凌へキスをするようなシーンが見られましたね!!これはもしかして!?

猛烈アタックに押し切られたのか、ビビの夢を尊重していたけれど本当は好きだったのか!?

今夜は3組のカップルが誕生するのか?
最も展開が期待できる回となりそうですね!

テラスハウス東京2019 32話のSNSの反応をチェック!

 

過去のテラスハウスの動画を無料視聴!

テラスNetflixからテラスハウスを見始めた方も、過去にフジテレビで放送されたすべてのシーズンの動画の視聴は、FODプレミアムがおすすめです。

 

FODプレミアム

FODプレミアムの公式サイトはこちら

 

フジテレビのFODプレミアムでは、以下のシーズンを配信中です!

  • TERRACE HOUSE【Season1〜4】(2012年10月12日〜2013年9月27日)
  • TERRACE HOUSE【Season5〜8】(2013年10月14日〜2014年9月29日)
  • 【東京編】BOYS & GIRLS IN THE CITY(2015年9月2日配信スタート/全64話)
  • 【ハワイ編】ALOHA STATE(2016年11月11日配信スタート/全36話)
  • 【軽井沢編】OPENING NEW DOORS(2018年1月16日配信スタート/全話49話)

Netflixでは見ることができない過去のシーズンも配信されているので、ぜひチェックしてみてください!

FODプレムアムは2週間の無料お試し期間があり、その期間内であれば見放題対象の作品ならどれだけ動画を見ても無料です。

お試し期間で解約すれば一切お金がかからないので、ぜひ一度体験してみてください。

 

⬇︎⬇︎⬇︎ 公式サイトはこちらから ⬇︎⬇︎⬇︎